交通予測

道路の前方状況を知ることが自動運転にとって不可欠です。

車載センサーの検知距離はおよそ250メートルであることから、コンチネンタルはその先を見るためeHorizonとロードデータベースを開発しました。他の車両やインフラからのデータを使用し、コンチネンタルのクラウドで処理することで実現できます。

  • ダイナミックeHorizon
    ダイナミックeHorizon
     

    eHorizonは自動運転のバックボーンとなるテクノロジーです。

    詳細
  • ロードデータベース
    ロードデータベース
     

    多数の車両から情報が収集され、最新かつ非常に正確な道路データが生成されます。

    詳細