V2X通信が実現するリアルタイムでの情報交換

車両間、インフラ、クラウドをつなげる

コネクテッドカーでは、最先端のインフォテインメントの恩恵を最大限に享受できます。加えて、他の車やインフラ、クラウドと直接通信することで、運転の安全性および効率性の向上が期待できます。V2X(Vehicle-to-Everything)通信によって、乗用車や商用車は最新の交通情報や路上の危険情報をリアルタイムに交換し、将来の安全支援機能を強化します。

2つの規格、ひとつのソリューション

DSRCとC-V2Xの統合

コンチネンタルのハイブリッドV2Xソリューションは、4G、5Gネットワークアクセス技術と狭域通信(DSRC)技術、さらにセルラーV2X(C-V2X)通信技術を統合します。これにより、自動車メーカーはV2X をグローバルに展開する際、すでに確立されたDSRC技術でも新たなセルラーV2X規格でも、地域ごとに異なる導入課題を乗り越えることができます。コンチネンタルのハイブリッドV2Xソリューションは、同じハードウェアとソフトウェアのプラットフォームを使用していずれの通信規格もサポートするため、V2X通信のグローバル展開に付随するコストや煩雑性を低減できます。
 
プレスリリース

狭域通信(DSRC)

リアルタイムでのアドホック通信

狭域通信(DSRC)はコンチネンタルが提供するV2X向けソリューションです。狭域通信ではIEEE 802.11p規格に準拠した無線メッセージを介して車両同士が直接やり取りすることができます。この相互運用可能な規格をベースにそれぞれの車が位置や速度、進行方向などを送信し、他の車がこれらのメッセージを「聞く」ことで、車両間の直接通信が実現します。
詳細

セルラーV2X (C-V2X).

モバイルネットワークを介した通信

車両とあらゆるものをつなぐセルラーV2X(C-V2X:Cellular Vehicle to Everything)通信は、自動運転とインテリジェントモビリティを強力に後押しする技術となるでしょう。3GPP Release 14を用いたLTEネットワーク(将来的には5Gモバイルネットワーク)を利用した通信が可能になります。それだけではなく、C-V2Xは、車両同士、車両とインフラ、さらには車両とその他の道路利用者を直接接続できるよう設計されています。モバイルネットワークの圏外であっても、C-V2X通信を利用することで、危険が潜在する状況の警告などの安全に関わる重要な情報をやり取りすることができます。
詳細