シームレスモビリティ

運転はくるまに預け、リラックスした時間を

未来のモビリティは、多くの課題に直面しています。世界の交通事故死者数は年間約130万人。そして、12億人以上の人々が1日あたり50分以上を車の運転に費やしており、その大半は交通渋滞の中で過ごしています。電動化、共有化されたスマートな交通コンセプトによって、都市における交通量を減らします。交通のアクセスが整備された地方都市においても同様の効果があるでしょう。また、輸送ネットワークを統合することで、地方の地域は近くの都市と繋がり、よりよい環境となります。

課題をクリアにするためには、未来のモビリティは、さまざまなモビリティコンセプトとシームレスに相互作用し、個々のニーズに対応していく必要があります。シームレスモビリティによって、すべての交通参加者が安全で環境にやさしい移動ができるようになります。

宅配ロボット @ CES 2019

自動運転による相乗効果で都市におけるデリバリーが変わります

住宅地への商品の配送や宅配便は年々増えており、eコマースによる動態市場となっています。従来の配送に加え、自動配送が未来の都市におけるモビリティに欠かせないサービスとなります。CUbEは単独での配送と複数の宅配ロボットを備えた配送のどちらも可能であり、商品配送における物流チェーンの最終工程を担います。

プレスリリース

クルージングショーファー

高速道路における長距離運転をリラックスした時間に

クルージングショーファーが起動すると、運転タスクがドライバーから車へ引き継がれ、交通状況や交通規則に合わせてスピードを調整しながら高速道路を自動走行します。レーンの中で車は安全を保ち、運転手は高速道路を抜けるまで運転タスクを再び取る必要はありません。


 
詳細はこちら

インテリジェント交差点

衝突事故を減らします

コンチネンタルのインテリジェント交差点コンセプトは、エンドツーエンドのソリューションです。センサー群、環境モデルを構築するためのパワフルなセンサーフュージョンアルゴリズムで構成されています。交差点周囲360度の範囲内の交通参加者を検知し、交差点に向かうV2X技術搭載車へ、交通参加者の位置やその動きを知らせます。

プレスリリース

バレーパーキング

自動駐車

駐車場の前にある交代地点で車を降りると、バレーパーキング機能が作動します。車は自動で駐車場へと走っていき、駐車可能なスペースを見つけます。そして、ドライバーが携帯電話のボタンを押すと、交代地点まで自動走行してきます。


 
詳細はこちら

都市部における自動化

無人運転車とロボタクシー

コンチネンタルは、開発プラットフォーム「CUbE (Continental Urban mobility Experience)」で都市部における無人運転を実現するための実験を行っています。このプラットフォームを用いて、すべての部門の従業員がSensePlanActに基づいた作用連鎖によって、無人ロボタクシーのためのソリューションを開発しています。コンチネンタルはほぼすべての製品ポートフォリオを提供しています。その範囲は、センサー、アクチュエーター、制御ユニットからネットワーク技術まで及びます。

詳細はこちら

自動運転シャトルと宅配ロボット

商品の配送における有用性、効率化、安全性を高めます

コンチネンタルのビジョンは、無人運転車両を活用し、宅配ロボットを運んだり、効率的な運送チームをつくることです。車両もロボットも、スケーラブルなテクノロジーポートフォリオに基づき、電動化、自動化されています。

プレスリリース