48V技術

テクノロジー・トレンド

電動化

乗用車向けソリューション

48V技術

48V技術は、ガソリンエンジン車にもディーゼル車にも搭載可能な、スマートハイブリッド駆動ストラテジーを支えます。コンチネンタルの48V技術は、実際の市街地走行で約21%の燃費削減を実現しています。電動化における最新のブレークスルーの1つは、仏Renault社からScénicおよびGrand Scénic両モデルにおいて48Vディーゼル ハイブリッドバージョンが発売されたことです。
 
これらのモデルでは、すでに高かったエンジン効率が、現在はコンチネンタルの電気駆動システムにより、いっそう高められています。量産車では、48Vハイブリッドによる省燃費のハイブリッド走行機能や多大なメリットがはっきりと示されるでしょう。