eHorizon

eHorizonは運転を安全で、快適に、そして効率的に進化させます。さらに、さまざまな新しいアプリケーションのベースとなります。

車を運転する際、曲がり角の先に何があるかを予測できます。
 
eHorizonは運転をより安全・快適・効率的に進化させます。さらに、eHorizonは接続されたパワートレインから自動運転まで、さまざまな新しい用途の基礎を形成し、革新的かつ効率的な高度道路交通システムを実現します。
 
サービスとしてのマップデータ(Map Data as a Service):eHorizonは車両システムの予測制御のために、デジタル地形データと、GPSレシーバーと呼ばれるセンサーデータを統合します。収集・分析されたデータはクラウドベースのソフトウェアソリューションとして、APIからスタティックeHorizon、ダイナミックeHorizonなどの完全統合型ソリューションまで、さまざまな方法で使用できます。
 
地図を構築:eHorizonのロードデータベースにより、コンチネンタルは現行の車両センサーで収集された道路形状や街頭設置物に関する高精度データを配信できます。このデータはバックエンドに送信されます。これにより、複数車両から提供されるデータから、すべての参加車両で利用可能な高精度の道路データが生成されます。
 
eHorizonは、高度自動運転への道を切り開く鍵となる重要な技術です。

  • ダイナミックeHorizon
    ダイナミックeHorizon
     

    クラウドベース。「ダイナミックeHorizon」は、車両センサーなどからのリアルタイムデータに基づく最新情報を受信します。

    詳細
  • ロードデータベース
    ロードデータベース
     

    ロードデータベースは、現行車両にすでに搭載されているセンサーが継続的に記録する膨大な情報を使用します。

    詳細