要素技術

自動運転を構成する要素技術

自動運転の実現には、必要となる各種センサーを有することが不可欠です。コンチネンタルは、今日の最先端技術である高解像度フラッシュライダー、カメラ、レーダーといった幅広いセンサー群を提供しています。

これらのセンサー群と、包括的環境モデル構築のノウハウとを組み合わせることが、自動運転の各種機能を開発する鍵となります。また、世界レベルの開発で得たノウハウ、自動運転用制御ユニット(ADCU)の処理能力を活用し、自動運転の実現を目指しています。

  • 包括的環境モデル
    包括的環境モデル
     

    自動運転実現の基礎要件は、周囲の状況を把握し評価することです。そこで、包括的環境モデルの構築が必要となります。

    詳細
  • 3D フラッシュライダー
    3D フラッシュライダー
     

    この革新的な高解像度3Dフラッシュライダーが、将来を見据えたソリューションとして、高度自動運転、また、完全自動運転を実現するために必要なセンサー群に加わりました。

    詳細
  • カメラ
    カメラ
     

    物体の認識を必要とする支援機能は、カメラーセンサーがサポートします。

    詳細
  • 高度自動運転向けMK C1
    高度自動運転向けMK C1
     

    MK C1では、ブレーキの作動、ブレーキブースターおよび制御システムが、コンパクトなブレーキユニットに一体化されています。

    詳細
  • レーダー
    レーダー
     

    2つの独立したスキャンを使用することにより、広い視野が得られます。

    詳細
  • アシステッド・自動運転制御ユニット
    アシステッド・自動運転制御ユニット
     

    アシステッド・自動運転制御ユニット - ADCU

    詳細
  • 交通予測
    交通予測
     

    道路の前方状況を知ることが自動運転にとって不可欠です。

    詳細
  • ホリスティック・ヒューマン・マシン・インターフェース
    ホリスティック・ヒューマン・マシン・インターフェース
     

    ドライバーとクルマとのやりとりを最適化するため、ユーザーの嗜好、ニーズ、状態、環境をダイナミックにモニタリングする直感的で人間工学的な相互作用コンセプトを開発しています。

    詳細
  • 包括的コネクティビティ
    包括的コネクティビティ
     

    自動運転ではドライバーや他の車両をはじめ、モバイル機器、インターネット、そしてインフラにシームレスに接続されている必要があります。

    詳細